うつ病は治りますか?

感情の起伏が無くなり、表情の変化が乏しく、眼の焦点がおかしい。このような症状が慢性的に続いている方はストレス過剰状態によりストレスホルモンの分泌機能に異常があると思われますので、精神疾患の専門家の助けが必要です。

一般的にうつ病になられる方はストレスに対して過剰な反応を起こしており、常に不安や心配なことを頭の中で考えている様子が窺えます。それに加えて落ち込みやすいタイプの人は未来に対して悲観的な捉え方し、感情が自分の内側に沈み込んでしまい、うつ病になりやすい傾向にあります。

うつ病初期の場合、症状の改善に大事なのは不安や心配など負の思考のループ(不安や心配などの思考が堂々巡りする状態)から抜け出すことです。無意識に自動的に負の思考のループが頭の中で走り出しますので、まずはこのことを自ら認識することです。認識できましたら常に自分の思考を見張り、負の思考ループが走りだしたら「また、走りだしている」と認識してください。この事を続けていくことによって負の思考ループを少しずつ 客観的に見ることができるようになり、無意識に自動的に走り出す負の思考ループから抜け出せるようになります。

それと、もう一つ大事なのは未来に対して悲観的になりすぎないことです。落ち込みやすい人は感情が自分の内側に沈み込みます。心も身体も流れが大事です。感情が内側に留まることや沈み込むと心の流れに問題がでてきます。 未来に対して 悲観的になりすぎますと、心が不安や恐怖でいっぱいになってしまいます。どんなときも自分のできる最善のことをやって一歩一歩前に進んでください。そのようにしていけば見える景色が変わってきて、事の次第は変わっていくものです。悲観的になりすぎず自分の心を開放できるように努めていただければと思います。

季節性うつ、産後うつ、うつの初期、これらに関しては当整体所の施術は有効であります。うつの症状で困られている方の中には表情を拝見しても、うつ病を患っているように思えない方が沢山おられます。このような方々は心の問題よりも身体的な問題の方が比重的に大きいことがあります。身体的な問題が改善することによって心にも良い影響を与え、うつの症状がよくなっていくことはよくあります。身体的な症状としては自律神経失調症、むくみ、呼吸がしづらい、めまい、吐き気、胃の痛み、お腹の不具合、生理不順、頭痛、首こり、肩こり、背中や腰の痛みなどがあります。これらの症状が自分の心を不快にし、倦怠感やヤル気の消失などに繋がっているです。 身体的な症状は当整体所の施術で改善できますので、困っている時にはいつでもご利用ください。

2015年1月1日

整体施術をお願いしたいのですが、どんなことをしますか?

まず簡単な検査法で骨盤の歪みや左右のバランスを確認します。骨盤の歪みや左右バランスが悪いようでしたら改善のための施術をおこないます。整えていく過程の中で硬い筋肉を見つけたり体液循環の乏しいところを見つけた場合には、改善のためにアプローチをしていきます。からだの中心となる骨盤周りを整えたあとは、肩こりであれば肩周りの施術を中心におこなうことになります。

施術内容はそのときの状態によって違うことがあります。例えば首の症状が強い場合には、首から施術をしていくこともあります。施術時間の全てを首の施術にあてることもあります。また首の症状でつらいのだが骨盤やバランスに大きな問題がある場合は施術時間の大半を骨盤やバランスの調整に注ぐこともあります。

施術法に関しては施術者にお任せしていただいておりますが、例えばご利用者さまが骨盤矯正やバランスの施術に重点をおいているのであれば「骨盤が気になるので骨盤矯正を中心に施術してほしい」というような感じで、予めその旨をお伝えしていただければ、その意向にそって施術をおこなっていきます。

2015年1月1日

押圧されると強い痛み。悪いのでしょうか?

病気や怪我でもないのに押圧時に強い痛みを感じる。これは痛みを強く感じる部位にコリがあったり、リンパ液が停滞してがいる証であります。

背骨周辺にコリやリンパ液の停滞がある場合、それは内蔵異常による反射反応であることがあります。例えば左肩甲骨内側を押圧した時、コリと強い痛みの反応があれば胃に何かしらの不具合がある可能性があります。また、逆のことも考えられ背骨周辺のコリやリンパ液の停滞が自律神経を介して内蔵に悪い影響を与える懸念があります。

コリは神経系の働きを鈍化させます。人間に本来備わった機能を弱らせてしまいます。

特に、押圧して強い痛みがあり、その部位にコリがある場合には要注意です。その部位のコリの度合いは強く、リンパ液の停滞も目立つ状態です。自然回復できないときには、早めにコリを取り除く必要があります。当整体所の施術では背骨の矯正をしたり、押圧したり、ゴーディング(指で円を描くように擦る行為)などをして、コリやリンパ液の停滞を改善させていきます。

背骨周辺のコリやリンパ液停滞の原因は、背骨や骨盤の歪み、悪い姿勢、運動不足、疲労、精神不安定などにありますので原因の改善に努める必要もあります。

<補足>背骨周辺に強いコリができると自律神経を介して内臓の働きに何かしらの影響が出る恐れがあります。背骨のコリと内臓の繋がりは下記の図のような関係があります。この図はアメリカのオステオパシー医師であるフランク・チャップマン博士(故人)が残した著作物などを参考にして作成したもので、当整体所でも活用しているものです。

内蔵・神経反射図

2015年1月1日