自律神経失調症の改善秘訣


1.自律神経失調症の改善は背骨の横の筋肉に


心臓外科医だった福増廣幸先生(故人)は自身の書籍に「背骨の横の筋肉が緊張したままだと自律神経の誤作動が起きる」という言葉を残しています。このことは当整体所の臨床経験からも納得するものであります。顕著な例としては背中左側にある胃のポイントに筋肉の強い緊張があるときは胃の不具合が起きることが多く、この緊張を取り除くことで症状が改善されるケースがあります。同様に腰にある大腸のポイントに強い緊張があれば大腸の不具合。首のつけねのポイントは動悸(心臓や肺、甲状腺)。背中右側にある肝臓のポイントに緊張が目立つときは疲れが抜けづらい(肝臓)などがあります。

自律神経失調症のポイント

自律神経失調症に陥っている人の症状は各自違いますが、身体にあらわれる特徴は似たようなところがあります。

  • 首や肩の異常(強いコリやストレートネックなど)
  • 背中や腰が硬い
  • バランス、姿勢が崩れていて、よい姿勢を保つことに苦労する
  • 呼吸が浅い
  • 体がリラックスできない
  • 疲労が抜けない

自律神経失調症の改善には症状の主要素を取り除くことは大事ですが、日頃から体液循環をよくして自己回復力がしっかり働く体にしておくことも大事です。そのためには身体バランスの要である骨盤周りを整えておく必要があります。症状の重い人ほど骨盤周りの筋肉が硬く、体液循環がよくない状態です。

骨盤周りを整えるということは、骨盤(骨格)を正しい位置に戻し、骨盤周りの筋肉の緊張を抜き老廃物が停滞しづらい状態して、骨盤周りの筋肉が硬くなりづらいようにすることです。骨盤を整えることで身体バランスが向上し、体の前後左右への負荷が変わることで体液循環の質も変わってきます。当整体所では以下のようなアプローチで自律神経と体液循環の改善を図っています。(症状によって、おこなう内容は異なります)

  • 背骨の横の筋肉を弛める
  • 骨盤矯正と骨盤周りの筋肉を弛める
  • バランス整えて、頭蓋骨に動きをつける(脳脊髄液の流れ、自律神経中枢の働きを促進)
  • 首や肩周りの緊張を取り除く(首は自律神経や体温調整に重要な部位)
  • 必要であれば温熱治療器を利用して自律神経に刺激を与える

軽いものであれば1回の施術で良好な結果が得られますし、その後の施術を必要としない人もおられます。数年単位で症状を患っていたりする人は初期の施術では、施術後に改善効果を感じられないこともあります。しかし、回数を重ねることで改善効果を感じられるようになっていきます。また、人によっては改善と悪化を繰り返したあとに改善効果が持続していくケースもあります。

不安恐怖症などの症状の場合は、病院でいただくお薬(抗不安薬、抗うつ薬)と併用して、整体施術を受ける人もおります。そのような場合は、徐々にお薬を減らしていくような努力をして、不安がなくなった時点でお薬を止めるような形をとっています。(投薬については自分で判断せず、必ず医師の判断を仰ぐようにお願いしています)

 

次のような人は一時的に症状が改善しても再発するケースが多いです。施術の回数を増やしたり、定期的な施術をおこなうことで当整体所では大変よい結果がでております。

 

  • 生まれつき体の硬い人(家系的にコレステロール値が高いなど)
  • 骨盤周りの筋肉が硬い人(バランス悪く体液循環が悪い)
  • 慢性的な肩こりの人(骨盤周りが硬かったり、ストレス状態にあることが多い)
  • 起立性調節障害の人(上記の内容が当てはまることが多い)

 


2.自律神経失調症の症状


病院検査では何も異常はないが原因不明の不定愁訴に悩まされている。このような症状を病院では自律神経失調症という病名で診断していることが多いようです。

強い倦怠感、疲れやすい、気持ち悪さ、めまい、ふらつき、耳鳴り、急な心拍数増加(動悸)、多量の汗、震え、立ちくらみ、目のかすみ、吐き気、偏頭痛、頭痛、微熱、過呼吸、生理不順、記憶力低下、思考・集中力低下、不眠、睡眠障害、朝起きられない、関節や筋肉の痛み、機能性胃腸炎、体温調整機能の低下、光や音に過敏、うつ気味、冷え・のぼせ、血圧不安定、過敏性腸症候群、食欲不振、気分の落ち込み、風邪気味、いらいら・焦燥感、光が眩しい、呼吸がしづらい(息苦しい)、寝ても疲れがとれない、パニック障害、五月病、ノイローゼ、気象病、・・・

自律神経失調症の人は情緒不安定などの神経症と思われる症状もあらわれてきます。

自律神経失調症には様々な症状があり、症状の度合いも各自違いますが、基本的には肉体的な疲弊(疲労蓄積と肉体的バランスを崩した結果)であることが多く、症状発症により不快感・不安感を覚えるようになります。

環境的ストレス(熱中症、寒暖差など)、心理的ストレス(ショック、トラウマ、プレッシャーなど)、肉体的ストレス(事故、過剰労働など)が症状を発生させる切っ掛けとなり、一度発作的症状を起こした人は再発の恐怖から強い不安感に襲われるようになります。そのため発作的症状が起こりえると思う行動や環境を嫌うようになり、ストレス環境を遠ざけるようになっていきます。(職場や人ごみ、満員の通勤電車、重労働などを苦手とするようになる)

患者に対して周囲の人たちの理解力も大切であり、「改善しないのは精神的弱さ」「根性が無いから」というような感じで周囲の人たちが捉えていますと、患者のプレッシャーとなり症状を悪化させてしまうこともあるようです。

自律神経失調症になるような人は自分の身体に対して無神経または過信しているところがあり、ストレスを掛け続けているのに、そのことに気付いていない。または気付いていてもケアしない。このような人が何らかの切っ掛けで発症しているケースが多いように見受けられます。

 


3.自律神経の働き


自律神経とは生命を維持するため重要な神経であり、身体の内部環境(呼吸、血圧、体温、消化など)の調整に働く神経です。脳と内臓器官を繋いでいる神経で、各内臓器官の機能を本人の意思に関係なく制御しています。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、お互いにバランスを取りながら働いています。

交感神経と副交感神経

通常、交感神経が優位に働いているときは副交感神経の働きが弱くなり、副交感神経が優位に働いているときは交感神経の働きが弱くなるようになっています。自律神経は心の状態、天気、時間帯などによって変化します。心が闘争(緊張・興奮)状態にあるとき、また日中や晴天のとき(上空に高気圧があるとき)は、身体活動を盛んにおこなうために交感神経が優位に働き、肉体(骨格筋)への血流が促進されます。心がリラックスしている状態、また夜中や雨天のとき(上空に低気圧があるとき)は、身体を癒すために副交感神経が優位に働き、栄養吸収などの働きが高まります。

自律神経の働き

ストレスや疲労が続いたり、夜寝るべき時間帯に起きていたりすると自律神経のバランスは崩れてきます。そこに肉体的な疲弊がでてくることで自律神経失調症を発症させていることが多いと考えます。

 


4.生活習慣を見直す


私たちの生活でのストレスや疲労は自己回復力によって、身体の方で勝手に回復機能が働き処理してくれています。その自己回復力は脳からの指令で自律神経を通して機能しています。不調が続くということは自己回復力が(自律神経の中枢が)機能を発揮できていない状態であります。背骨の横の筋肉の緊張、体液循環の悪さにより脳の指令が阻害されていると考えます。

では、整体の施術で原因(緊張や異常)を取り除けばいいのかと申しますと、それだけでは完璧ではないです。背骨の横の筋肉の緊張、体液の流れを悪くした原因にも目を向けなければいけません。

様々なストレスや過労によって自律神経失調症を発症させているわけですから、思い当たるストレス群を軽減していくことは大切です。そうしないと改善しても再発の可能性が残ります。競争社会で生き抜いていかなければならない私たちにとっては簡単なことではありません。けれども問題が起きているのに、その原因となるものから目を背(そむ)けていては、いつまで経っても根本的な改善には繋がりません。ストレス群の軽減、そして生活リズムを正すことに努めましょう。身体にいいことをしたり生活リズムを整えることで精神安定や心に穏やかさを取り戻せます。以下のことは生活の中に取り入れていただきたい健康法や注意点です。可能なものから取り入れていただけたらと思います。(生活リズムが崩れている人には1~3が大切です)

  1. 睡眠をしっかりとる。とにかく重要!
  2. 朝早く起きて、真っ先に太陽の光を数分浴びる。精神安定、免疫、睡眠に重要!
  3. リズム運動を20分程度おこなう。オススメはウォーキング、エアロビクス。
  4. リラックスした状態で深い呼吸を心掛ける。心が緊張していると呼吸が浅い。息が吐けない。
  5. 椅子に座る姿勢は骨盤を立てて座る。足をしっかりと地面につけて、骨盤と足で上半身を支える。
  6. 常に少し顎を引くことを意識する。体軸がうまく使えるようになる。
  7. 同じ姿勢が続くときは肩を回したり、背伸びしたりして、体が固まらないように気をつける。
  8. スマホのやりすぎに注意。長時間の下向き姿勢をとらない。眼を酷使しない。
  9. 少量の水をこまめに摂取する。細胞には水が必要。
  10. カフェイン、甘味、冷たい飲み物、アルコールを摂り過ぎない。
  11. 身体の冷えに気をつける。身体の冷えは万病のもと。
  12. 身体が硬い場合にはストレッチなどをおこなう。硬いのは症状回復に苦労します。
  13. 代謝をよくする。入浴、体操、有酸素運動など。
  14. 何も考えない時間を作る。オススメは瞑想。

 


元気のツボ整体研究所

埼玉県川口市木曽呂684-1 101号室
TEL 048-297-7144

東浦和、東川口、戸塚安行、各駅から車で約10分。川口駅からは約30分。南浦和駅からは約20分。

さいたま市緑区、越谷、草加、蕨、戸田からのご来院もお待ちしております。

2020年2月1日

首こりに下手なマッサージはNG ストレートネック注意

  首こり

首こりは、肩こりと同様に首から肩甲骨のあたりまでに感じるコリ感、痛み、重だるさがあるものです。首の一部だけの人もいますし、頭から肩甲骨のあたりまで感じる人もいます。

首こりは自律神経失調症(自律神経の乱れ)、頭痛、めまい、ふらつき、動悸、気持ち悪さ、更年期障害、多汗症、パニック障害、いらいら・精神ストレス、全身倦怠、慢性疲労症候群、うつ状態、気分の落ち込み、眼精疲労、ドライアイ、血圧不安定症、VDT症候群、ドライマウス、冷え・のぼせ、呼吸のしづらさ、鼻づまり、顔や頭の緊張、神経過敏、腕の故障、寝違い、腕の痺れ、歯痛、風邪気味、光が眩しい、食欲不振、睡眠障害、寝ても疲れがとれない、体調不良、微熱などの症状を引き起こす要因にもなります。

また、脳卒中(くも膜下出血、 脳内出血、脳梗塞など)の前兆サインだったりする場合もありますので、普段コリを感じない人が症状を訴える場合には気をつける必要があります。

通常、首こりがある場合には、家族や知人にマッサージをしてもらうことで血流やリンパの流れがよくなり、筋肉もほぐれて改善されますが、強いコリ(緊張度の強いコリ)がある場合には逆効果になることがあります。

からだに強いコリがある場合、コリと関係のないところをいくらマッサージしても改善効果は薄いものです。また、コリを無視した下手なマッサージは逆効果となり、より辛くなることがあります。

強いコリを取り除くには、強いコリを意識した施術をおこなうことが大事です。強いコリに直接アプローチしたり、コリと関連する部位にアプローチしたり・・・・。

コリが多い場合には、すべてのコリを取り除いていたら時間を要するので、その中で厳選したコリを施術します。コリの状態にも種類があって、コリコリしているだけのコリは意外と症状との関係がなく、取り除いても症状改善の効果が薄かったりします。

症状改善のためにアプローチすべきコリは、患者側がコリを押されると痛い、または痛いけど気持ちいい感じがします。

施術者側はコリを押したときに、押す力に対して反発・抵抗するような感覚があります。このようなコリは痛みの症状を発現させる引き金(トリガーポイント)となりますので、しっかりと取り除くべきです。

強いコリを取り除いてもスッキリしない場合や早い段階で再発する場合には、何かしらの理由がありますので注意を向け改善していかなければなりません。よくあるケースは以下のものがあります。

  • 骨盤周りの筋肉が硬い<重要>
  • 子供の頃から体が硬く、姿勢が悪い
  • ハードワークによる疲労
  • ストレートネック(スマホのやりすぎなど)
  • 首の筋力低下
  • 心因性ストレス
  • 身体の歪みからくる脳脊髄液の停滞
  • 腕や胸の筋肉緊張が強い
  • 下半身の体液停滞
  • 浅い呼吸
  • 水の摂取不足
  • 身体の冷え
  • むち打ちなどの後遺症が残っている
  • etc

最近、特に多いのはスマホ依存からくるストレートネック。この場合は首を弛めるだけでは足りません。丸まった背中の影響により胸郭や鎖骨などの動きが硬くなっていますので、動きをつけるためのアプローチが必要になります。

スマホのやりすぎにご注意ください。

 


元気のツボ整体研究所

埼玉県川口市木曽呂684-1 101号室
TEL 048-297-7144

東浦和、東川口、戸塚安行、各駅から車で約10分。川口駅からは約30分。南浦和駅からは約20分。

さいたま市緑区、越谷、草加、蕨、戸田からのご来院もお待ちしております。

2020年1月31日

坐骨神経痛の施術について

坐骨神経痛で困っていた方を1回の施術で完治した。私の修行時代、一番最初に嬉しかった臨床経験であります。痛みや痺れで困っておられたので坐骨神経痛のポイントを施術したところ「すごい! 症状がまったくなくなりました」というご報告を翌日いただき、ものすごく嬉しかったことを未だに覚えております。このとき整体の仕事は素晴らしいと改めて実感したものです。

坐骨神経痛とは、お尻や太ももに痛みや痺れのある症状を言います。ひどくなると生活にも支障をきたし辛いものです。 ちなみに坐骨神経痛は病名ではなく、症状をあらわすものです。

足の痛みと痺れ

坐骨神経は腰から足にかけて走行しています。お尻や太ももの筋肉が硬直して坐骨神経を圧迫し続けた結果、痛みや痺れの症状を発症するケースが多いです。

<坐骨神経痛の主な症状>

  • 腰やお尻の痛み
  • 太ももや足に痛みや痺れ
  • 酷くなると姿勢を変えるのが辛く、動作・歩行が困難に
  • 同じ姿勢で座っていることが辛い
  • 足の感覚が鈍くなることも
  • 症状は片側にでることが多い(日によって違うこともある)

気をつけないといけないのは坐骨神経痛の原因がお尻の筋肉の硬直からではなく違うケースもあるということです。そのため、まずは病院でしっかり検査していただくことをオススメします。ちなみに坐骨神経痛を引き起こす病気は、次のようなものが考えられます。

椎間板ヘルニア
背骨と背骨の間にあるクッション(椎間板)が押しつぶされてしまい、クッションから中身がはみ出し神経を圧迫、そして炎症。このときに坐骨神経痛の症状があらわれます。

脊柱管狭窄症
背骨の中を通っている神経が、背骨の変形などに狭くなり、中を通っている神経を圧迫します。脊柱管狭窄症の症状が顕著にあらわれますと数十メートルから数百メートル歩くと痛みや痺れが発症して辛くなり、しゃがんで少し休むとラクになるというような感じになります(間欠跛行:かんけつはこう)。他にも排尿障害が出たりすることもあります。

腰椎の分離・すべり症
腰の背骨が部分破損・分離して、背骨が前方へズレるようにすべり、神経を刺激するというものです。

腫瘍
背骨に癌が転移した場合などに坐骨神経痛の症状があらわれることもあります。安静時や夜間時に痛みが続く場合には注意が必要です。

梨状筋症候群
梨状筋(りじょうきん)はお尻の筋肉郡の1つであり、骨盤を構成している仙骨という骨から股関節をまたいで大腿骨につながっています。通常、坐骨神経は梨状筋の下を通っていて骨盤の歪み、重労働やスポーツなどでお尻の筋肉に負荷がかかり続けることによって梨状筋が硬くなり坐骨神経を圧迫します。

梨状筋と坐骨神経

多くの坐骨神経痛は梨状筋症候群のようなもので、梨状筋の他にもお尻や太ももの筋肉郡が異常に硬くなっています。また、坐骨神経痛の症状があらわれる足側はリンパの流れが停滞しており、痛みを引き起こす要素を強めていると考えております。


元気のツボ整体研究所の施術ポイント

  • 骨盤周りを整える
  • 足裏からリンパの停滞を改善
  • お尻や太ももの硬くなっている筋肉を弛ませる

骨盤周りを整える
骨盤(骨格)が歪んでいれば、骨盤周りの筋肉は硬直し、老廃物が停滞しやすい状態になります。そのまま悪い状態が続けばバランスは崩れ、自己回復力が発揮できない体になっていきます。坐骨神経痛にとっても重要であることは間違いありません。

足裏からリンパの停滞を改善
坐骨神経痛はリンパの停滞のある足(脚)にあらわれます。疲労物質の停滞、筋肉硬直の原因にもなるリンパの流れを改善することが大事です。足裏からケアしてリンパの流れを促進します。

お尻・太ももの硬くなっている筋肉を弛ませる
坐骨神経痛の症状がある場合、まずお尻や太腿の筋肉に強い硬直が見受けられます。その硬直している筋肉を弛めることで神経や血管の圧迫を軽減させます。

<<重要>> 体の硬い人は継続的に施術することが大事です
体の硬い人は腰やアキレス腱などが非常に硬く、それらの硬さを抜く必要があります。硬さに対する施術を継続的におこなうことで体が変わってきます。

 


元気のツボ整体研究所

埼玉県川口市木曽呂684-1 101号室
TEL 048-297-7144

東浦和、東川口、戸塚安行、各駅から車で約10分。川口駅からは約30分。南浦和駅からは約20分。

さいたま市緑区、越谷、草加、蕨、戸田からのご来院もお待ちしております。

2015年1月1日