自律神経失調症を改善します


1.自律神経失調症の改善は背骨周囲の筋肉をゆるめること


心臓外科医だった福増廣幸先生(故人)は残した書籍に「背骨の横の筋肉が緊張したままだと自律神経の誤作動が起きる」という仮説を称えています。このことは当整体所の臨床経験からも納得するものであります。顕著な例としては左背中の筋肉に強い緊張があるときは胃の不具合が起きることが多く、この緊張を取り除くことで症状が改善されるケースがあります。同様に腰から背中にかけての緊張は腸の不具合。 肝臓の部位である 右背中の緊張が目立つときは疲れが抜けづらいなど。これらの症状も緊張を取り除くことで改善されます。

自律神経失調症の緊張

自律神経失調症に陥っている人の症状は各自違いますが、身体にあらわれる特徴は似たようなところがあります。姿勢が悪い、呼吸が浅い、首や背の関節や筋肉が硬い、骨盤に歪み、鼠径部の硬さなど。 特に上図の赤い部位に肉体的な緊張が目立つ傾向が多く、緊張した部位を弛めることによって症状が緩和・消失するという結果が得られています。

当整体所では背骨筋の弛緩(背骨周囲の筋肉をゆるめる ※)。その他にも症状の回復と再発防止のために以下のことを意識して施術をしています。(施術は全てやるのではなく症状によって異なります)

  • 骨盤周りを整える( 骨盤周りが緊張しているとリラックスしづらい )
  • リンパの要所にアプローチ( リンパが滞っていると回復しづらい )
  • 足周りの動きをよくする ( 足をよくすると身体全体の体液循環がよくなる )
  • 身体の興奮状態を鎮める ( 温熱治療などで副交感神経優位に )

軽いものであれば1回の施術で良好な結果が得られますし、人によってはその後の施術を必要としない人もおられます。数年単位で症状を患っている人は初期の施術では、施術後に改善効果を感じられないこともあります。しかし、回数を重ねることで改善効果を感じられるようになっていきます。また、人によっては改善と悪化を繰り返したあとに改善効果が持続していくケースもあります。

重度の症状の場合は、病院でいただくお薬(抗不安薬、抗うつ薬)と併用して、整体施術を受ける人もおります。そのような場合は、徐々にお薬を減らしていくような努力をして、不安がなくなった時点でお薬を止めるような形をとっています。(投薬については自分で判断せず、必ず医師の判断を仰ぐようにお願いしています)

※ 背骨周囲の筋肉を下手にマッサージしたり、もみほぐしたりすると、症状悪化に繋がりますので気をつける必要があります。しっかりと弛めるべき箇所を見極めることが重要です。

 


2.自律神経失調症の症状


病院検査では何も異常はないが原因不明の不定愁訴に悩まされている。このような症状を病院では自律神経失調症や慢性疲労症候群という病名で診断していることが多いようです。(慢性疲労症候群は免疫学的な不具合という説があります)

強い倦怠感、めまい、ふらつき、耳鳴り、急な心拍数増加(動悸)、多量の汗、震え、立ちくらみ、吐き気、頭痛、微熱、過呼吸、生理不順、記憶力低下、思考・集中力低下、不眠、睡眠障害、関節や筋肉の痛み、機能性胃腸炎、体温調整機能の低下、光や音に過敏、うつ気味、冷え・のぼせ、血圧不安定、過敏性腸症候群、食欲不振、気分の落ち込み、風邪気味、いらいら・焦燥感、光が眩しい、呼吸がしづらい、寝ても疲れがとれない、パニック障害、・・・

自律神経失調症の人は情緒不安定などの神経症と思われる症状もあらわれてきます。

自律神経失調症には様々な症状があり、症状の度合いも各自違いますが、基本的には疲労蓄積と肉体的バランスを崩した結果であることが多く、症状発症により不快感・不安感を覚えるようになります。

熱中症、精神的ストレス、肉体的ストレス 、事故、ショック、過去のトラウマなどが症状を発生させる切っ掛けとなることが多いようで、一度発作的症状を起こした人は再発の恐怖から強い不安感に襲われるようになります。そのため発作的症状が起こりえると思う行動や環境を嫌うようになり、ストレス環境を遠ざけるようになっていきます。(職場や人ごみ、満員の通勤電車などを苦手とするようになる)

患者に対して周囲の人たちの理解力も大切であり、「改善しないのは精神的弱さ」「根性が無いから」というような感じで周囲の人たちが捉えていますと、患者のプレッシャーとなり症状を悪化させてしまうこともあるようです。

自律神経失調症になるような人は自分の身体に対して無神経または過信しているところがあり、ストレスを掛け続けているのに、そのことに気付いていない。または気付いていてもケアしない。このような人が何らかの切っ掛けで発症しているケースが多いように見受けられます。

 


3.自律神経の働き


交感神経と副交感神経

自律神経とは身体の内部環境(呼吸、血圧、体温、消化など)の調整に働く神経です。脳の視床下部と下位中枢(脊髄から始まる神経組織)で、各内臓や各器官の機能を本人の意思に関係なく制御しています。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、お互いにバランスを取りながら働いています。(図を参照)

通常、交感神経が優位に働いているときは副交感神経の働きが弱くなり、副交感神経が優位に働いているときは交感神経の働きが弱くなるようになっています。自律神経は天気、時間帯、心の状態などによって変化します。闘争(緊張・興奮)状態にあるとき、また日中や晴天のとき(上空に高気圧があるとき)は、身体活動を盛んにおこなうため交感神経が優位に働くと言われています。安静・リラックスしている状態、また夜中や雨天のとき(上空に低気圧があるとき)は、身体を癒すために副交感神経が優位に働くと言われています。

ストレスや疲労が続いたり、夜寝る時間帯に起きていたりすると自律神経のバランスは崩れてきます。そこへ更なるストレスが掛かることによって自律神経失調症と呼ばれる症状を発症させることになります。

 


4.生活習慣を見直す


様々なストレスや過労によって自律神経失調症を発症させているわけですから、思い当たるストレス群を軽減していくことは大切です。しかし、競争社会で生き抜いていかなければならない私たちにとっては簡単なことではありません。けれども問題が起きているのに、その原因となるものから目を背(そむ)けていては、いつまで経っても根本的な改善には繋がりません。ストレス群を軽減・排除できないのであれば、違う手法で対処していく必要があります。その手法とは生活リズムを正すことです。生活リズムを整えることで自律神経のバランスを戻すのです。以下のことは生活の中に取り入れていただきたい健康法です。精神安定や心を穏やかにする作用、また肉体的な癒しとなるものなので、可能なものから取り入れていただけたらと思います。(生活リズム的には1~4が大切です)

  1. 睡眠をしっかりとる。
  2. 朝早く起きて、真っ先に太陽の光を数分浴びる。
  3. 太陽の光を数時間おきに数分浴びる。
  4. リズム運動を20分から40分おこなう。オススメはウォーキング、エアロビクス。
  5. いい姿勢を心掛ける。スマホやノートPCなど長時間の下向き姿勢をとらない。
  6. 水を少しずつこまめに摂取する。
  7. モーツァルトの曲を朝と晩に30分集中して聴く。
  8. カフェイン、甘味、冷たい飲み物、アルコールを摂り過ぎない。
  9. 身体の冷えに気をつける。
  10. 身体によい油を摂る。オメガ3。
  11. タッピング療法を実践する。

 


元気のツボ整体研究所

埼玉県川口市木曽呂684-1 101号室
TEL 048-297-7144

東浦和、東川口、戸塚安行、各駅から車で約10分。川口駅からは約30分。南浦和駅からは約20分。

さいたま市緑区、越谷、草加、蕨、戸田からのご来院もお待ちしております。

2015年1月1日